<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

大学紹介 大学紹介 理事長 永守重信の想い 学長挨拶 大学概要 建学の精神 組織 沿革 諸規則 大学歌 ロゴマークについて 教員公募・職員募集 お問い合わせ(事務局連絡先) 京都先端科学大学の取り組み ハラスメント防止の取り組み 情報セキュリティポリシー ソーシャルメディアポリシー 障がい学生支援 公益通報の通報・相談窓口 情報公表・大学評価 教育情報の公開<2023年度> 内部質保証 自己点検・評価 設置計画履行状況報告書等 教職課程に関する情報公表 財務情報 高等教育の修学支援新制度 機関要件の確認に係る申請書 中期経営計画 奨学金・学費等について 学費等納付方法について 奨学金・奨励金 施設紹介 京都太秦キャンパス 京都亀岡キャンパス 心理教育相談室 京都先端科学大学図書館 京都太秦キャンパス 南館 学生寮 パソコン教室 施設のご使用について 交通アクセス バス時刻表 学部学科・大学院 学部学科・大学院 学部 経済経営学部 人文学部 バイオ環境学部 健康医療学部 工学部 全学共通教育機構 大学院 経済学研究科 データサイエンスと行動経済学コース 税理士養成コース 経営学研究科(ビジネススクール) 人間文化研究科 バイオ環境研究科 工学研究科 シラバス検索 教育・研究 教育・研究 教育 教育への取り組み 教育改革支援センター 各種調査結果 学修ポートフォリオ 科目等履修生制度・聴講生制度 研究・連携 研究紹介 研究連携センター 研究施設・設備 研究推進 産官学連携 高大連携 社会・地域連携 総合研究所 ナガモリアクチュエータ研究所 京都企業研究センター フューチャー・デザイン研究センター(FDRC) 国際学術研究院 オープンイノベーションセンター・亀岡 教員検索 留学・国際交流 国際交流協定校 キャリア・インターンシップ・就職 キャリア・インターンシップ・就職 キャリア支援 就職支援 インターンシップ 全学生対象 経済経営学部生対象 経済経営学部生対象 工学部生対象 資格取得 課外講座 奨学金対象講座・資格 取得可能な資格/受講可能な検定 就職実績 先輩からのメッセージ 在学生の皆様へ 企業の皆様へ 受験生の方へ 在学生の方へ 保護者の方へ 卒業生の方へ 企業・一般の方へ メニュー インターネット出願--> OPEN CAMPUS 受験生 検索 アクセス English インターネット出願--> OPENCAMPUS 受験生 アクセス お問合せ 資料請求 寄付 大学紹介開く 理事長 永守重信の想い 学長挨拶 大学概要開く 建学の精神 組織 沿革 諸規則 大学歌 ロゴマークについて 教員公募・職員募集 お問い合わせ(事務局連絡先) 京都先端科学大学の取り組み開く ハラスメント防止の取り組み 情報セキュリティポリシー ソーシャルメディアポリシー 障がい学生支援 情報公表・大学評価開く 教育情報の公開<2023年度> 内部質保証 自己点検・評価 設置計画履行状況報告書等 教職課程に関する情報公表 財務情報 高等教育の修学支援新制度 機関要件の確認に係る申請書 中期経営計画 奨学金・学費等について開く 学費等納付方法について 奨学金・奨励金 施設紹介開く 施設のご使用について 京都太秦キャンパス 京都亀岡キャンパス 心理教育相談室 京都先端科学大学図書館 京都太秦キャンパス 南館 国際学生寮 パソコン教室 交通アクセス バス時刻表 学部学科・大学院開く 学部開く 経済経営学部 人文学部 バイオ環境学部 健康医療学部 工学部 全学共通教育機構 大学院開く 経済学研究科 経営学研究科(ビジネススクール) 人間文化研究科 バイオ環境研究科 工学研究科 データサイエンスと行動経済学コース 税理士養成コース シラバス検索 教育・研究開く 教育開く 教育への取り組み 教育改革支援センター 各種調査と情報公開 学修ポートフォリオ 科目等履修生制度・聴講生制度 研究・連携開く 研究紹介 研究連携センター 研究施設・設備 研究推進 産官学連携 高大連携 社会・地域連携 総合研究所 ナガモリアクチュエータ研究所 京都企業研究センター フューチャー・デザイン研究センター(FDRC) 国際学術研究院 オープンイノベーションセンター・亀岡 教員検索 留学・国際交流開く 国際交流協定校 キャリア・インターンシップ・就職開く キャリア支援 就職支援 インターンシップ開く 全学生対象 経済経営学部生対象 経済経営学部生対象 工学部生対象 資格取得開く 課外講座 奨学金対象講座・資格 取得可能な資格/受講可能な検定 就職実績 先輩からのメッセージ 在学生の皆様へ 企業の皆様へ 受験生の方へ 在学生の方へ 保護者の方へ 卒業生の方へ 企業・一般の方へ 教員紹介 HOME教育・研究教員検索梶田 和宏 梶田 和宏 KAJITA Kazuhiro 学部・学科 健康医療学部健康スポーツ学科 職名 講師 Researchmap 学位 博士(体育スポーツ学)筑波大学 博士(体育スポーツ学)鹿屋体育大学 所属学会 日本体育・スポーツ・健康学会、日本コーチング学会、日本スポーツパフォーマンス学会、日本スポーツ教育学会、日本体育科教育学会、大学教育学会、日本野球科学研究会、大学ゴルフ授業研究会、East Asian Alliance of Sport Pedagogy(EAASP)、京都滋賀体育学会、全国大学体育連合 専門分野 スポーツ教育学、比較体育学、体育科教育学、コーチング学、スポーツバイオメカニクス、大学体育論、大学スポーツ論、野球コーチング論 略歴 筑波大学 体育系 つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)非常勤研究員 筑波大学 アスレチック・デパートメント(AD)外部委託職員(硬式野球部アシスタントコーチ) 目白大学 保健医療学部 作業療法学科 非常勤講師 京都先端科学大学 硬式野球部 情報戦略/分析担当コーチ(現在に至る) 担当科目 SLS Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(ソフトボール)、SLS Ⅰ・Ⅱ(ニュースポーツ)、SLS Ⅳ(フィットネス)、ベースボール型球技 メールアドレス [email protected] ウェブサイト https://researchmap.jp/kazuhiro.kajita.8917 https://www.cheza.co.jp/about/ https://www.kuas.ac.jp/admissions/campuslife/club/baseball https://gb-taiiku.whowp03.cc.tsukuba.ac.jp/ 備考 第10回つくば野球研究会 敢闘賞 日本コーチング学会第27回大会 優秀発表賞 日本コーチング学会第30回大会 優秀発表賞 筑波大学大学院人間総合科学研究科 TF (ティーチングフェロー) 優秀賞 第9回大学体育スポーツ研究フォーラム 優秀発表賞 全国大学体育連合 研究部員、「大学体育スポーツ学研究」編集委員 合同会社CHEZA 技術顧問 研究内容 スポーツ教育学、比較体育学の研究分野において、わが国の大学教養体育の教育システムに関する記述研究を、国際的な視点を踏まえて進めている。主に、東アジア隣国の日韓台における実態調査から、大学教養体育の国際比較研究を行ってきた。また、野球競技におけるコーチング科学の研究分野にも従事し、パフォーマンス向上からコーチ教育まで実践的な立場から幅広く活動している。主に、プロ野球捕手の二塁送球動作の特徴分析をバイオメカニクス的研究として行ってきた。その他にも、東アフリカのスポーツ事業産学共同研究やゲートボールの普及振興と体育教材開発共同研究などにも関わりながら、体育スポーツ分野における国内外の教育指導現場と研究の橋渡し役を担えるよう尽力している。 研究キーワード 教養体育、野球コーチング科学、大学体育、教養教育、高等教育、記述研究、実践研究、比較研究、国際比較、教育システム、東アジア、東アフリカ、野球捕手、二塁送球動作、大学スポーツ、ゲートボール 論文 梶田ほか(2018)わが国の大学における教養体育の開講状況に関する悉皆調査研究.体育学研究,63(2):885-903. 梶田ほか(2019)わが国のプロ野球捕手における二塁送球動作の特徴分析.コーチング学研究,32(2):171-187. メッセージ AI時代かつコロナ禍の今日を生きる教養教育として、他者と共に生き抜くための手がかりとなる健全な「身体と心」の存在を体得することは、学生の大学適応と成長プロセスにおいて非常に重要です。SLS(スポーツ・ライフスキル)の体育実技での多様なスポーツ経験を通して、互いの身体を共有した直接的なコミュニケーションを実践し、「ライフスキル」の獲得とともに「社会人基礎力」を修得できるように、授業設計と教授行動の工夫をしています。また、「する・みる・支える・知る」といったダイバーシティかつインクルーシブなスポーツとの関わり方に触れ、豊かなスポーツ教養人となるために「スポーツリテラシー」の育成を目指して授業を展開しています。さらに、生涯スポーツに繋がる身体活動増強や健康行動変容を実践する場としても、SLSの体育授業は貢献していきます。私のSLS授業では、「身体的側面」と「心理社会的側面」の双方における学修を促すために、毎授業での目標設定と省察活動(振り返り)を大切にしています。SLSのソフトボールやニュースポーツなどの体育実技を通して、目標達成に向けて果敢に挑戦し、スポーツの楽しさを実感しながら、皆さんと共に成長できることを期待しています。 In the age of AI and the COVID-19 pandemic, it is very important for us as educators to teach students the importance of having a sound body and mind that will help them adapt to and succeed in a changing society. Through various athletic experiences in the SLS (Sports and Life Skills) courses, students have the opportunity to learn about each other&#39;s shared physical experiences while also acquiring basic life and social skills.My SLS courses are designed to foster "sports literacy" by allowing students to engage with athletics in a diverse and inclusive environment that allows them to see, feel and know themselves and their peers, thus becoming well-rounded persons. I will also seek to create SLS courses that contribute to the development of lifelong physical fitness and health behavior change. In order to promote both physical and psychosocial learning, my SLS courses emphasize goal setting and self-reflection activities in each class, and I hope that through SLS softball, "new sports",  and other physical activities, my students will learn to boldly pursue new objectives and experience the joy of achievement. I look forward to growing together with you as you strive to achieve your own goals and discover the joy of sports. 京都発世界人財 アクセス お問い合わせ 採用情報 サイトマップ サイトポリシー 個人情報の取扱い 学校法人 永守学園 京都先端科学大学附属高等学校 京都先端科学大学附属中学校 京都先端科学大学附属みどりの丘幼稚園・みどりの丘保育園 Twitter YouTube Line Facebook LinkedIn 学内専用ポータル Copyright © Kyoto University of Advanced Science. All Rights Reserved. あらゆる個性を知性へ。科学的アプローチであなたを変える このページの先頭へ

188betbetting88 バレーボールブラジル女子代表 188betmalaysia パース・グローリー
Copyright © The Paper All rights reserved.